2021年11月28日

看護の仕事と家庭の両立はちゃんとできる

看護系の仕事は業務内容が忙しく、結婚した後も続ける自信がないと退職する人もいます。ですが看護系の仕事と家庭を両立している人もいます。重要なのは業務内容をしっかりと把握して、それを家族に話すことです。上手く立ち回ることで十分仕事と家庭の両立は可能です。学校行事などがありその時に仕事を休めないなどのトラブルもありますが、家族の理解を得ていればパートナーが代わりに行ってくれることもあります。そして、職場の人たちの協力も重要です。協力関係を結んでいれば、急遽シフトを代わってもらう必要がある際もスムーズにシフトを代わってもらえるでしょう。一つの事例として、小さな子どもがいる看護師が保育園のイベントに仕事を休むことができず行けなかったという人がいました。そんな中、自分の業務内容を夫や自分の母親などにしっかりと説明することで、理解と協力をしてもらい、大きなトラブルに発展することはなかったそうです。時折業務内容が原因で夫婦喧嘩が勃発することもあったそうですが、結果的に上手くまとまったと語っています。この事例からも、きちんと家族と話し合うことができれば、仕事と家庭の両立は可能だといえるでしょう。子どもが産まれたタイミングで一度退職した看護師もいます。この看護師は子どもが小学校に入学したのを期に復職したそうです。小学校に入学したため自由な時間が増え、家事を終わらせた後も時間が余るようになり、そこで復職を決意したと語っています。復職をすれば当然ながら収入が発生し、家計に余裕ができるようになります。仕事と家庭の両立で悩んでいる人は、ぜひこのように実際に働いている人の声を聞いてみるといいでしょう。不安を解消できるはずです。