出産後の復職に重要な福利厚生

看護師としてバリバリ仕事をしてきたけれど、妊娠を機に家庭へ入ったという人もいると思います。出産直後は、今は子どものことを第一に考えていきたいと考えるのが当然です。しかし、体調が落ち着き子どもとの生活に慣れてくると、「看護師へ復職したい」と考える人は多いといいます。子どもがいる中で看護師へ復職するとなれば、今まで通りの考えでは両立することが難しく感じるかもしれません。看護師へ復職する際に重要なのは、福利厚生です。出産後の復職となれば、当然仕事と家事・育児との両立が必要となってきます。妊娠前とは状況がかなり変わってくるため、これらを考慮した上で復職を考えることが大切です。復職時の希望として「時間が短い勤務が良い」「夜勤はできない」といったものを挙げる人が多いですが、出産後に復職を希望するのであれば、これらの希望だけでは足りません。やはり、子どものことを第一に考えた復職がポイントとなります。そのためには、福利厚生がしっかりとしている職場を見つけることです。例えば、育児手当などがあるのか・納得できる収入になるのか・託児所はあるのか・育児との両立に理解してくれる環境なのか・シフトはどういったものなのかということが、とても重要となってきます。子どもは熱を出すことも怪我をすることも多くなるので、それを理解してくれる職場でなければ働きにくくなってしまいます。出産後に看護師へ復職したいと考えているのであれば、事前にどういった福利厚生があるのかも確認した上で求人へ応募しましょう。

Leave a Reply